スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種まきの様子

Ohana Farmではレタスは一回の種まきで約4500粒の種を蒔きます。
1枚に300本の苗が育苗できるセルトレイで15枚分の種を蒔くんです。

扱いやすいように、種は「コート種子」とか「ペレット種子」と呼ばれる種を使います。
これは、種が裸のままではなくて、仁丹のように丸い粒に加工してある種です。

粒もある程度、大きくなっていますし、コロコロとよく転がるので扱いやすくなっています。

種の蒔き方は次の通りです。

コート種子を、アクリルで作られている播種器の上にあけます。

播種器を揺すって、種をコロコロと動かして、一定の間隔で並んでいるくぼみに種を落とし込みます。
このくぼみの間隔は、セルトレイの穴の間隔と同じです。

全部のくぼみに種が入ったら、播種器をセルトレイの上に置き、播種器横のレバーをスライドさせます。
そうすると、くぼみの底が抜けて種がセルトレイの中に一斉に落ちます。

...って言葉で書いても分かりにくいと思いますので、動画でどうぞ!

種まき

[広告] VPS

画像中、後ろを通り過ぎる軽トラが挨拶にクラクションを鳴らして行きました...


次の動画は、播種器のレバーをスライドさせて種がセルトレイの上に落ちる瞬間です。

種が蒔かれる様子

[広告] VPS

どうです? 簡単そうでしょ?
こうやって、セルトレイ1枚分の種をあっという間に蒔くことができるんです。

種を蒔いた後は、種に土をかぶせて水をやって作業終了です。

テーマ :
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

Secre

プロフィール

農園管理人

Author:農園管理人
こんにちは、Ohana Farm (オハナ ファーム)です。

Ohana Farmは長野市にある家族だけで営んでいる農家です。野菜、お米、リンゴ、洋梨を栽培しています。
モットーは、地産地消。
このブログはOhana Farmが地元のお客様に向けて情報を発信していくブログです。

連絡先:
Tel 050-3671-4870(固定電話ですので畑に出ている間は出られません)
メールでのご連絡は、下にあるフォームをご利用下さい。

※Ohanaはハワイ語で「家族」を意味します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
農園管理人へメールを送る

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
タイトル:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。