スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お米の収穫について..おさらいしましょう その3

今回は、お米を「コンバイン」と呼ばれる機械で収穫した時のお話です。

その1でご説明した、バインダーで刈り取り...はぜかけ...脱穀機で脱穀....実際はこんな工程を経て売られているお米はとても少ないのです。
理由は効率が良くないからです。大量に栽培して安く大量に出荷しないとお米農家としては経営していけません。
そのために、一般にスーパーは米店で売られているお米は、このような収穫方法はとられていません。

はぜかけなどの方法が採られているのは、農家が自分が食べる分しかお米を栽培していないとか、消費者と直接契約するなどして販売しているとか、はぜかけ米であることを付加価値として販売するなどの限られたケースです。

では、広く流通しているお米はどのように収穫されているのでしょう?

それが、コンバインという機械を使った方法です。

コンバインは、刈り取りと脱穀を1台の機械で同時に行ってしまいます。
キャタピラを履いた車両が、田んぼの中を稲を刈り取りながら進んでいきます。
刈り取られた稲は、機械の中にベルトで搬送されて脱穀されます。
で、残ったわらのみが、適当な大きさに束ねられて、コンバインの後ろからポンッと出てきます。
だから、コンバインが稲を刈った跡には、一定の間隔でわらの束が落ちています。

脱穀した籾は、コンバインの中に溜められて、いっぱいになると田んぼの横に止められたトラックにコンバインを寄せて、トラックの荷台へ籾を排出します。

はぜかけはしませんから、田んぼでの乾燥工程はありません。

籾を積んだトラックは、お米の乾燥施設があるところへ行き、乾燥機の中に籾を流し込みます。
そして、はぜかけの代わりに機械で強制的に籾を乾燥させます。

はぜかけの時は、二週間とかそれくらいの時間をかけてゆっくり乾燥させますが、強制乾燥の場合はそんな悠長な事はしていられません。
なにせ、籾を積んだトラックが次から次へと到着するのですから。数時間~20時間位で乾燥させてしまうようです。

よく、はぜかけ米の方が美味しいと言われますが、残念ながら同じ田んぼのお米をはぜかけと、コンバイン収穫の両方で食べ比べた事がないので、本当のところはどうなのか、よく分かりません。
ただ、あまり急いで機械で乾燥させたり、乾燥のさせ方がヘタだったりすると味が落ちるのは確かなようです。


テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

農園管理人

Author:農園管理人
こんにちは、Ohana Farm (オハナ ファーム)です。

Ohana Farmは長野市にある家族だけで営んでいる農家です。野菜、お米、リンゴ、洋梨を栽培しています。
モットーは、地産地消。
このブログはOhana Farmが地元のお客様に向けて情報を発信していくブログです。

連絡先:
Tel 050-3671-4870(固定電話ですので畑に出ている間は出られません)
メールでのご連絡は、下にあるフォームをご利用下さい。

※Ohanaはハワイ語で「家族」を意味します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
農園管理人へメールを送る

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
タイトル:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。