スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

籾殻燻炭作り その3

火を付けた後は、この口をしばらく開けておきます。

籾殻燻炭作り


でも、この口も火が安定したらキャップを付けて閉じてしまいます。
あとは、燻炭器の下にある空気穴だけが空気の入口になります。


火を付けて8時間ほどで、火が下まで回り空気取り入れ口が自動的に閉じます。


すると内部の酸素が少なくなるので、火は勝手に消えます。


そうしたら焼き上がりです。


蓋をあけると..

籾殻燻炭作り


しっかりと焼けています。
これを取り出します。


出来上がった籾殻燻炭


取り出した燻炭は、まだ少し熱を持っているのでジョロなどで適当に水をかけながら、袋や箱に入れていきます。


この時、大切な事がひとつ!

袋や箱に詰めた燻炭は、すぐに倉庫や屋内に入れないで下さい。再び燃えだして火災が発生する恐れがあります。



袋や箱のまま、周囲に何も燃える物がない場所へ丸一日程度置いて、燃え出さない事を確認してからしまってください。


公式サイト:~~信州 長野市の地産地消農家 Ohana Farm~~

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

農園管理人

Author:農園管理人
こんにちは、Ohana Farm (オハナ ファーム)です。

Ohana Farmは長野市にある家族だけで営んでいる農家です。野菜、お米、リンゴ、洋梨を栽培しています。
モットーは、地産地消。
このブログはOhana Farmが地元のお客様に向けて情報を発信していくブログです。

連絡先:
Tel 050-3671-4870(固定電話ですので畑に出ている間は出られません)
メールでのご連絡は、下にあるフォームをご利用下さい。

※Ohanaはハワイ語で「家族」を意味します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
農園管理人へメールを送る

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
タイトル:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。