スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土壌分析

昨日、新たに借りる事になった畑へ行って、土のサンプルをとってきました。

とってきたこの土を肥料店が持っている分析所へ送り、土壌分析をしてもらいます。

この肥料店は、専門のスタッフと設備を備えているので安心して分析をお願いできます。

すでに素性が分かっている畑なら、自分で持っている分析キットで分析するのですが、今回は新たに借りる畑で全く素性が分かりません。

基礎的なデータとなるために、信頼できる業者へ分析をお願いします。
サンプル1点に付き8000円以上の費用がかかります。

ところで、なぜ土壌分析をするのでしょうか?

作物を健全に生育させるためには、土の中の養分がバランスよく整えられていなくてはなりません。

ほとんどの方が納得し、異を唱える人はほとんどいないと思いますが、でも、このバランスを整えるために実際に実際に何かを行っている農業者はさほど多くないのが実態です。

こんな地味なことより「これを撒けば、生育抜群、病気にかからず、何でもオッケー」みたいな、刺激的なキャッチコピーに釣られて、高価な資材を買う人が多いのです。

でも、こういったものを使うより、きちんと土を分析して知る方が、ずっとずっと先にやっておくべき事だと私は考えています。

世界的に食料が高騰してニュースになっていますが、実は肥料も相当値上がりしています。

例えば、ようりんという肥料があります。ホームセンターでも青い袋に入って売られています。

10年ほど前、この肥料は20kg一袋が200円程度でした。今では1000円を越えました。

重焼燐は1400円から3200円に..有機栽培に使えるカリ肥料なんて、今は20kgで5000円近くします。

きちんと、土壌分析を行う事によって、無駄な肥料を使わずに済みます。
肥料がこれだけ高騰してくると、例え少々費用をかけて分析しても節約できる肥料代の方が大きくなる可能性が十分にあります。

それに、適正な量の肥料を施すことによって、作物がより健全に育ち、農薬も少なくて済み、収量も上がり、味もよくなります。まさにいいことずくめ!

土は1年でガラッとは変わりませんから、毎年毎年続けて、土を理想の状態へ近づけていく事が大切です。

頭ではきっと分かっているのでしょうが、実際に行動に起こせない農家がまだたくさんいます。

毎年、同じ肥料を同じ量だけ漫然と施しているだけ...農協のせいではありません。今は農協だって、きちんと土壌分析をしましょうと呼びかけています。組合員にはタダで分析をやってくれるところもあります。

要は、本人の気持ち次第。

これを読んでいる農家の方も、一度、自分の畑の土の状態をきちんと把握してみませんか?

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

農園管理人

Author:農園管理人
こんにちは、Ohana Farm (オハナ ファーム)です。

Ohana Farmは長野市にある家族だけで営んでいる農家です。野菜、お米、リンゴ、洋梨を栽培しています。
モットーは、地産地消。
このブログはOhana Farmが地元のお客様に向けて情報を発信していくブログです。

連絡先:
Tel 050-3671-4870(固定電話ですので畑に出ている間は出られません)
メールでのご連絡は、下にあるフォームをご利用下さい。

※Ohanaはハワイ語で「家族」を意味します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
農園管理人へメールを送る

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
タイトル:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。