スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャベツの定植準備

今日は、そろそろ畑が乾いてきたのでキャベツの定植準備をしました。


苗は、すでにビニールハウスの中ですくすく育っています。


普通、大産地ではキャベツ畑にはマルチは使いません。生えてくる雑草は除草剤で対処します。


Ohana Farmでは雑草対策と、地温を上げて早く収獲したいので黒マルチを使いました。


実は、キャベツも肥料によって結構味が変わってきますので、今回は下のような肥料も使います。


カニガラ肥料...
カニガラ肥料


木炭の粉...
木炭の粉


この他に、ようりん、硫酸マグネシウム、ボカシ肥料、化成肥料を使用しています。


キャベツは、全面全層施肥といって作付けする場所全体に肥料を撒きます。


で、蒔いたらトラクターで耕します。

トラクターで耕す

耕し終えて、土が平らにフカフカになったら、今度はマルチングです。


マルチを張るには、このマルチャーを使います。

マルチャー


これは、二条の畝を立てながらマルチを張っていってくれる機械です。

ロータリーのすぐ後ろに、畝の形をした倍土板がついていて、土を畝の形に成形していってくれるのです。

うねたて部分


台形の部分が倍土板です。土がこの形に成形されて畝ができていきます。

畝立て板


ただ、それだけではマルチは畝の上に乗っかっているだけ..すぐに風で飛んでいってしまいますから、マルチの上に土を乗せて飛ばないようにする必要があります。

このマルチャーの場合は、その作業は手作業...スコップでやります。


以前もご紹介した事がありますが、マルチ張りはこんな感じの作業になります..以前撮影したものを動画でどうぞ(音が大きいのでご注意下さい)

[広告] VPS



機械について、この土をかけて行く作業...実は結構たいへんです。


で、完成はこんな感じ。


出来上がり


作業終了したらマルチャーを軽トラに乗せて撤収です。

軽トラに乗せて移動


マルチを張る作業は少々大変ですが、乾燥が防げるので土の水分も安定し、肥料が雨などで流されてしまう事がないので品質の良い作物ができるんですよ。




Ohana Farmの公式サイトもご覧下さい→地産地消を勧める長野市の農家 Ohana Farm公式サイト<

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

農園管理人

Author:農園管理人
こんにちは、Ohana Farm (オハナ ファーム)です。

Ohana Farmは長野市にある家族だけで営んでいる農家です。野菜、お米、リンゴ、洋梨を栽培しています。
モットーは、地産地消。
このブログはOhana Farmが地元のお客様に向けて情報を発信していくブログです。

連絡先:
Tel 050-3671-4870(固定電話ですので畑に出ている間は出られません)
メールでのご連絡は、下にあるフォームをご利用下さい。

※Ohanaはハワイ語で「家族」を意味します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
農園管理人へメールを送る

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
タイトル:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。