スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レタス定植完全マニュアル!

今日は、レタスの定植です。

定植作業は、土がほどよく湿っている時に行う事が必要です。

今日もプラグトレイ半分ほどの苗を植えます。左半分の大きい方の苗だけ植えます。

プラグトレイ苗


予め、植える場所のマルチに穴をあけておきます。

マルチに開けた穴


指で土に穴をあけます。穴の深さは浅すぎず深すぎず..

指で植え穴開け


穴があきました。この時に、穴がすぐに崩れてしまうようなら土が乾きすぎです。

植え穴があきました


苗の葉っぱ部分をつまんで引き抜きます。この時、根鉢がほどよく回って土が崩れない事が必要です。土が崩れるようなら、根量が不足しています。(定植が早すぎます)
かといって、根っこが多すぎると、定植の後の根付きが悪くなったりその後の生育不良の原因となりますので、抜けるようになったらすぐに植えるというのが理想です。

苗をつまんで引き抜き


苗を先ほど、指で開けた穴の中に入れます。穴が深すぎると苗が沈みすぎますし、穴が浅いと苗の根鉢が土の表面から出てしまいます。どちらも具合が悪いです。

根鉢を穴に差し込む


苗の根鉢の表面が土の上に出ていると、根鉢が乾燥して活着が悪くなります。
周囲の土と根鉢を十分接触させるために、根鉢の表面がわずかに埋まる程度に周囲を指で押します。

そうすれば完成。

周囲の土を寄せて終了


土が十分に湿っている時は問題無いですが、乾いているときは注意しないと活着してくれません。
慣れが必要な作業ですよ。

この作業、慣れると15分で300本の苗が植えられるようになります。


Ohana Farmの公式サイトもご覧下さい→地産地消を勧める長野市の農家 Ohana Farm公式サイト

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レタス定植完全マニュアル!紹介

長野市の地産地消をすすめる農家「Ohana Farm」の日々さんのブログ記事より。 親切に説明してくれてます。(定植の部分のみ) 15分で300苗植えるの目指そう!...

コメントの投稿

Secre

プロフィール

農園管理人

Author:農園管理人
こんにちは、Ohana Farm (オハナ ファーム)です。

Ohana Farmは長野市にある家族だけで営んでいる農家です。野菜、お米、リンゴ、洋梨を栽培しています。
モットーは、地産地消。
このブログはOhana Farmが地元のお客様に向けて情報を発信していくブログです。

連絡先:
Tel 050-3671-4870(固定電話ですので畑に出ている間は出られません)
メールでのご連絡は、下にあるフォームをご利用下さい。

※Ohanaはハワイ語で「家族」を意味します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
農園管理人へメールを送る

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
タイトル:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。