スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャガイモ植え付け

雨が少なくて、地面がカラカラです...


そんな畑ですが、今日はジャガイモの植え付けを行いました。


今年は、男爵、インカのめざめ、チェルシー、シンシア、シャドークィーンを栽培します。


男爵は5年ぶりくらいの栽培です。別に男爵が嫌いな訳ではありません。今までの取引先から要望が無かったからです。


ジャガイモを作るには、まずウネをたてます。これは、レタスやキャベツの畝立て機で簡単にできてしまいます。


で、ウネの谷間に種芋を置いていきます。普通、苗を植えるときはウネの上に植えるのですが、ジャガイモの種芋はウネの上に置くのではありませんから要注意です。


これは、新たにできる芋は、種芋の上につくからです。できる芋が日光にあたらないように土を寄せていく必要があるからなんですね。


で、ウネの谷間に置いたジャガイモはこんな感じ...

ジャガイモ植え付け



肥料は、株と株の間にパラパラっと、こんな肥料をやります。


ジャガイモ肥料


これは、ボカシ肥料をペレット状にしたものです。


ジャガイモには、ちょっと高級な肥料ですが食味にこだわる品種ばかりですからね、奮発しました。


肥料はもちろんこれだけではありません。ウネをたてる前の土にミネラル肥料を施してあるんです。


で、肥料を撒いたら後は、レーキで両側のウネを崩して芋に土をかけるだけ。


ジャガイモ植え付け


ただ、かけ過ぎには注意です。後で、土寄せする分を残しておかねばなりませんし、深く埋めると種芋の温度が上がりません。


これで、芋の植え付けは完了です。


種芋には、浴光催芽処理をしてあります。


品種によっては、これをやらないときちんと芽が出てこない事があるんですよ。



Ohana Farmの公式サイトもご覧下さい→地産地消を勧める長野市の農家 Ohana Farm公式サイト

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

農園管理人

Author:農園管理人
こんにちは、Ohana Farm (オハナ ファーム)です。

Ohana Farmは長野市にある家族だけで営んでいる農家です。野菜、お米、リンゴ、洋梨を栽培しています。
モットーは、地産地消。
このブログはOhana Farmが地元のお客様に向けて情報を発信していくブログです。

連絡先:
Tel 050-3671-4870(固定電話ですので畑に出ている間は出られません)
メールでのご連絡は、下にあるフォームをご利用下さい。

※Ohanaはハワイ語で「家族」を意味します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
農園管理人へメールを送る

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
タイトル:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。