スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福の黄色い...

幸福の黄色いハンカチ(しあわせのきいろいハンカチ)なんて言っても、分からない人もいるかもしれません。


念のために申し上げますと、昔の映画のタイトルです。


スナップエンドウの周囲にも、例年のごとく、しあわせの黄色いハンカチならぬ、黄色いプレートを設置しました。


幸せの黄色いプレート


以前にも、確かこのブログで書きました。


この黄色いプレートには任務があります。


この黄色に惹かれてやってくる虫を捕まえるのが、このシートのミッションです。


だから、シートの表面はネチャネチャしています。


設置して5分とたたないうちに、もう何匹か虫が付いています。


別のシートも、1時間ほどでこんな感じに...

2011-5-11B.jpg


この先、どんどんと虫がくっついていき、収獲が終わる頃にはオゾマシイ事になるのですが、その画像は多分、載せません...


ご覧になりたい方、メール下さい、個人的に送らせて頂きます...


で、何の為に虫を捕まえるというと、スナップエンドウを食べる害虫だからです。


その害虫の名前は、ハモグリバエ...正確には色々な種類があるようですが、ここではひとくくりで言っちゃいます。


他の作物の例ですが、このハモグリバエがとりつくと葉っぱがこのようになります、矢印のところにご注目下さい。

2011-5-11C.jpg

葉っぱに白い、くねくねしたスジが付いています。


これが、ハモグリバエの幼虫が葉っぱを食べた跡です。


このハモグリバエの幼虫は、青虫の様に端っこから葉っぱをムシャムシャ食べるような事はしません。


表と裏の皮だけ残して、葉っぱの内部だけをトンネルを掘るように食べてしまいます。


そのトンネルが、白いスジとなって見えるのです。トンネルの終点には幼虫がいます。


これを放っておくと、葉っぱの中味が食い尽くされて、文字通り皮だけの葉っぱになってしまいます。


もちろん、そんな葉っぱは役に立ちません。


このハエの成虫は、黄色い光に寄ってくる習性がありますから、それを利用して親を捕まえて葉っぱに産卵させないようにするという仕掛けです。


黄色いものに寄ってくるというのは、若葉の柔らかいところに卵を産むためなんでしょうかねぇ。


親の数が多くなってしまうと、少々プレートを付けただけでは捕まえきれなくなってしまいますので、予め取り付けておいて増えないように予防するか、あるいは、虫が出始めたと思ったらすぐにプレートを取り付ける事が肝心です。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

農園管理人

Author:農園管理人
こんにちは、Ohana Farm (オハナ ファーム)です。

Ohana Farmは長野市にある家族だけで営んでいる農家です。野菜、お米、リンゴ、洋梨を栽培しています。
モットーは、地産地消。
このブログはOhana Farmが地元のお客様に向けて情報を発信していくブログです。

連絡先:
Tel 050-3671-4870(固定電話ですので畑に出ている間は出られません)
メールでのご連絡は、下にあるフォームをご利用下さい。

※Ohanaはハワイ語で「家族」を意味します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
農園管理人へメールを送る

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
タイトル:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。