スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栽培日誌

うえまつ農産物直売所やアグリながぬまに農産物を出荷する場合は、事前に栽培日誌の提出が必要です。


ルールでは出荷開始一週間前に提出となっています。


この栽培日誌とは、どういうものでしょうか?


その出荷する作物の栽培に関わる情報を記録したものです。


作物そのものについて記入する部分では、何という品種で、いつ種をまき、いつ定植し、いつから収獲を始めたかを記入します。


その作物を植える畑について記入する部分では畑の住所、広さ、どんな肥料をどれだけ、いつ施したかを記入します。


作物に農薬を使用した場合は、農薬の名称や使用量、希釈倍率、使用した日付を記入することになっています。


農薬は、その銘柄ごとに使用して良い作物の種類や、いつまで使用して良いかその時期(収獲**日前まで使用可能と表現されます)、希釈倍率や単位面積当たりの使用量が決まっています。


例えば、収獲7日前まで使用できる農薬を収獲5日前に使ってはダメなのです。


出荷一週間前にこの栽培日誌を提出するのは、この農薬の使用が適正かどうかを関係者がチェックするというのも大きな目的の一つです。
もし、誤って使われていたら一週間あれば、事前に出荷を止める事ができます。


たとえ、栽培期間中に農薬を使用しなかったとしても、この栽培日誌は提出する必要があります。当然、その時は農薬の欄は空白ですが、肥料などその他の部分は記載しなくてはなりません。


この栽培日誌は、品種ごとに書く様式になっていますし、同じ品種でも種を蒔く日が違えば、その都度書く必要があります。


用紙はA3サイズの大きなものですので、畑には持っていきにくいですから、畑では作業内容を携帯用ノートにメモしておき、帰宅してから必要事項をこの栽培日誌に転記するということにしています。


現在、栽培日誌は記入中のものだけで七十数枚。すでに出荷が終わったものを入れると80枚位になります。


これから先、秋野菜もありますから、まだまだ枚数は増えます。100枚は越えそうです。

Ohana Farmの公式サイトもご覧下さい→地産地消を勧める長野市の農家 Ohana Farm公式サイト


テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

農園管理人

Author:農園管理人
こんにちは、Ohana Farm (オハナ ファーム)です。

Ohana Farmは長野市にある家族だけで営んでいる農家です。野菜、お米、リンゴ、洋梨を栽培しています。
モットーは、地産地消。
このブログはOhana Farmが地元のお客様に向けて情報を発信していくブログです。

連絡先:
Tel 050-3671-4870(固定電話ですので畑に出ている間は出られません)
メールでのご連絡は、下にあるフォームをご利用下さい。

※Ohanaはハワイ語で「家族」を意味します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
農園管理人へメールを送る

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
タイトル:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。