スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の収穫を楽しみに...芋の苗を植える

今日、種苗会社からサツマイモの苗が届きました。


品種は「タマユタカ」 届いた苗は100本。


この「タマユタカ」は、ご存じの方もおられるでしょう、干し芋に向いた品種です。


普通のサツマイモのように、蒸かして食べてもあまり美味しくありません。


以前にもこのブログでご紹介しましたが、秋にこのサツマイモで干し芋を作ります。


芋をよく洗って、大きな釜で蒸かします。この時の釜は、薪で火を起こします。


火が通ったら、皮をむいて薄くスライスして、そして天日干し。


行程の最後で、じっくりと天日干しすることで、甘く仕上がるようです。


100本の苗ですから、上手に作ればそれはそれは沢山の芋がとれるのですが、干し芋はとても美味しいので、これだけ作っても一冬でペロリと全部食べてしまいます。


芋を蒸すときに薪で火をたくことによって、芋にほんのりスモーキーな風味が加わって美味さが増します。これは実際に作ってから分かった事でした。


この干し芋、冷凍して保存しておきますが、食べる時には解凍するだけでなく、火で少しあぶって暖めると、いっそう美味しく食べられます。


わざわざ火であぶるというと、煩わしく感じますが、これを食べるのは冬。実際は、部屋のストーブに乗せるだけ..


農業は自然に左右される産業です。


しかし、作物を収獲してしまえば、少なくとも自分達が食べる分は、世の中の人的出来事に一切左右される事はありません。


大きな会社が倒産しようが、電気が止まろうが、高速道路や新幹線が不通になっても全く影響を受けません。


地球の裏側でおきた些細な出来事が、自分の身の回りに影響を及ぼす事も珍しくないこの時代。とても不確実な事が多くて不安です。


こんな時代だからこそ、自分で作った食べ物のありがたさ、食べ物が実際に手元にある安心感をひしひしと感じます。


この安心感を地域に広げていけたらいいと思いませんか? これを実現できるのが地産地消です...


2009-11-15d.jpg
上の画像は、前回、干し芋を作った時の様子です。


Ohana Farmの公式サイトもご覧下さい→地産地消を勧める長野市の農家 Ohana Farm公式サイト

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

農園管理人

Author:農園管理人
こんにちは、Ohana Farm (オハナ ファーム)です。

Ohana Farmは長野市にある家族だけで営んでいる農家です。野菜、お米、リンゴ、洋梨を栽培しています。
モットーは、地産地消。
このブログはOhana Farmが地元のお客様に向けて情報を発信していくブログです。

連絡先:
Tel 050-3671-4870(固定電話ですので畑に出ている間は出られません)
メールでのご連絡は、下にあるフォームをご利用下さい。

※Ohanaはハワイ語で「家族」を意味します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
農園管理人へメールを送る

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
タイトル:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。