スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納豆工場へ見学に行きました

今日は、納豆工場の見学に行ってきました。

今回の納豆工場見学は「てまひま」というグループが ぼくらのごはん ~食卓の原点回帰を考えよう~ というテーマで活動しているその一環のイベントです。

ぼくらのごはん 公式ブログ

地産地消農家としては、食の原点を見直そうという、こういったイベントには積極的に関わっていこうと考えて、参加しました。

工場見学がかいさいされるのは今年二回目。前回は味噌蔵の見学会でした。


訪れたのは、長野駅近くにある納豆屋さん「村田商店」さん。

納豆の村田商店

まずは、社長の村田さんからレクチャーを受けたあと..

社長の村田さんのレクチャー


材料である大豆を保管してある倉庫へ...

材料の大豆倉庫

この中は、虫の発生を防ぐために気温が低くなっています。

ここにある機械で、大豆に混入している異物や割れた豆を取り除きます。

でも、機械では限度があって、人の目による検査も並行して行っているそうです。


説明の後は、白衣をはおっていざ、工場の中へ...

工場へ入る


この会社、非常に寛大で工場内の撮影可、画像の使用に許可は必要なし ということでしたので、内部の様子もブログに載せる事ができます。


ジョロは納豆菌

工場の中では、何人かの従業員の方が働いておられました。


そんななか、手にジョロを持って説明する工場長。このジョロには、納豆菌を希釈した水が入っています。これを、蒸かした大豆にかけるのです。


その豆を、一定量に小分けし容器に入れます。
今日は、経木で包む納豆を製造しておられました。

納豆を手詰め


経木で包むのは機械が使えないので、全部手詰めだそうです。

内容量を計るはかりが置いてありますが、詰める人はベテランさんなのでほとんどの場合、一発で所定の内容量を入れてしまう事ができるのだそうです。
だから、はかりを見ながら豆を継ぎ足したり、取り出したりという調整はほとんど必要ないのだとか。
(もし、内容量の不足があったら製造ラインの最終段階に設置されている計量器できちんとはねられるようになっているのだそうです。

一通り見たあとは、煮た豆と水に希釈した納豆菌をいただきました。

試食タイム


納豆菌の方は、無味無臭...


工場見学のあとは、近くにあるD&DEPARTMENTにて、納豆作り体験。

そして、そのまま昼食。

今回は、善光寺ほど近くにある、パスタのお店 こまつやさんが、出張ってきてくださいました。


そして用意された料理は、納豆を使ったイタリアン!

納豆を使ったイタリア料理

納豆とイタリアン!??

文化的には、全くちぐはぐな組み合わせですが、これが、例えばゴルゴンゾーラなど、少し癖がある食材と納豆が意外にマッチしてびっくり。

食後のデザートには、納豆を使ったムースが出るほど、徹底的でした。

とにかく、どの料理も納豆が入っているという不自然さを感じさせないのに、しっかりと納豆の風味も感じられる、すばらしいものでした。


今日は、「てまひま」の皆さん、本当にお疲れ様でした。

Ohana Farmの公式サイトもどうぞご覧下さい→地産地消をすすめる長野の農家 Ohana Farm公式サイト。長野市で野菜、リンゴ、洋梨を生産しています。

テーマ : 農業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

Secre

プロフィール

農園管理人

Author:農園管理人
こんにちは、Ohana Farm (オハナ ファーム)です。

Ohana Farmは長野市にある家族だけで営んでいる農家です。野菜、お米、リンゴ、洋梨を栽培しています。
モットーは、地産地消。
このブログはOhana Farmが地元のお客様に向けて情報を発信していくブログです。

連絡先:
Tel 050-3671-4870(固定電話ですので畑に出ている間は出られません)
メールでのご連絡は、下にあるフォームをご利用下さい。

※Ohanaはハワイ語で「家族」を意味します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
農園管理人へメールを送る

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
タイトル:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。